エイジングケアのためのクレンジング料の選び方

subpage01

エイジングケアを意識するなら、クレンジング剤の選び方にも注意が必要です。

肌への刺激は老化を進行させてしまうので、できるだけ肌に優しいものを選ぶことが大切です。

クレンジングのエイジングケアのクチコミ評価が高いです。

オイルタイプの洗浄料は刺激が強いというイメージがありますが、選び方に気を付ければ肌に良いものもあります。

エイジングケアの視点でクレンジングオイルを選ぶ場合は、保湿の3大因子を奪わない油脂系オイルのものがおすすめです。コメヌカ油、オリーブ油など様々な種類がありますが、なかでもおすすめなのがアルガンオイルです。



アルガンオイルは不飽和脂肪酸を多く含み、肌を柔らかくする効果があります。また、抗酸化成分も含まれており、肌の酸化予防にもなるため、老化対策に向いていると言えるでしょう。

リキッドタイプは肌の潤いを奪いやすく、擦り過ぎて摩擦が大きくなるリスクがあるので、エイジングケアの観点からはあまりおすすめではありません。リキッドが良い場合は、少なくともアルコールやPGなどの肌への刺激となる成分が配合されていないものを選びましょう。
ジェルタイプは、摩擦が小さいというメリットからエイジングケアにもおすすめのクレンジング剤の1つです。

しかし、リキッドタイプと同様、肌への刺激になる成分が配合されていないものを選ぶ必要があります。


クリームやミルクタイプは、クレンジング剤の中でも最も優しいタイプなのでエイジングケアには最適です。

洗浄力はマイルドですが、ナチュラルメイクの場合、これらのメイク落としで十分です。



普段からナチュラルメイクを心がけて、毎日優しく洗うのが最も良い方法と言えるでしょう。

メイク落としは脇役的なアイテムに思われがちですが、選び方を間違うと肌老化を進めることになるので、慎重に選ぶ必要があります。

上手に使えば後に続くスキンケアにもメリットをもたらすので、良いものを選んで優しくお手入れしましょう。

クレンジングの予備知識

subpage02

クレンジングの比較の仕方が分からないという方は、自分の化粧の厚さをチェックしてください。なぜならクレンジングの商品は、化粧の状態によって買うべきものが変わるからです。...

NEXT

クレンジングの特徴

subpage03

自分に合うクレンジングを比較して選ぶ際には、クリームタイプやジェルタイプなどの種類に注目をしてみましょう。例えば乾燥しがちな肌質だという場合、油分が多めに含まれているクリームやオイルタイプの製品が合いやすい傾向です。...

NEXT

クレンジングの最新情報

subpage04

洗顔と同義語のように感じているのがクレンジングでもありますが、比較する点をはっきりとすることによって、この違いが明確に理解することができます。あくまでもクレンジングはメイクを消すための製品です。...

NEXT

クレンジングの基本知識

subpage04

あくまでも洗顔と切り分けるようにしてください。洗顔とクレンジングを一緒にしないで比較し、自分の肌質と相談して購入するのは正しい方法になります。...

NEXT