シミの原因となるお肌の環境を考える

シミが気になりだすと連鎖的に新たに発見してしまいます。このような場合お肌の環境がすでにダメージを受けてシミができやすくなっていると言えます。日常生活で対策が必要とされているものの中に、紫外線だあります。夏場でけ気を付ければいいと思っている人もいますがそうではありません。

冬場の2月でも予想以上に強かったりします。つまり紫外線に関してはオールシーズン注意が必要とも言えます。次に体内から防ぐ対策としてはビタミンAがあります。体内に取り入れられるとこのビタミンAは活性酸素を除去するベータカロチンに変わります。

ビタミンEは細胞の新陳代謝を促してくれます。さらにビタミンCはお肌の強い味方でメラニン色素の定着を防いでくれます。食物から摂取しきれないと思うならサプリメントの利用もお手軽でいいでしょう。ビタミンCの有効成分には抗酸化作用による活性酸素の除去がありますから、ビタミンAと一緒にとると相乗効果が期待できるのです。

また皮脂を抑制してニキビ予防にもなりますからニキビ跡が原因でシミになることを防ぐことにもなります。お肌のターンオーバーのサイクルが乱れるとやはりシミやくすみの原因にもなります。それはメラニン色素の量が少なくても、ターンオーバーが乱れたことで色素の排出が出来なくなるからです。そのメラニン色素は摩擦や化粧品の刺激でも生成されます。

お肌がダメージを受けやすくなったら、お肌に負荷をかけるスキンケアは避けたいものです。バッチリメイクがすぐに落とせるような強力なクレンジングはNGです。必要な潤いや油分まで落としてお肌が乾燥してしまいます。過剰な皮脂分泌による黒ずみができる原因となります。

シミには乾燥が大敵なので、十分な保湿でお手入れしてあげることが大切です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です