しみ治療の大原則について

しみ治療は美容皮膚科などで受けられます。レーザーを使った方法とクリームを使った方法が主ですが、どちらも根底は同じ、ターンオーバーの強制です。そもそもしみの原因は肌内部に残ったメラニン色素が色素沈着したことです。限度を超える紫外線や摩擦など、肌が大きなダメージを受けると発生するのがメラニン色素です。

肌内部をこういったダメージから守るために発生し、本来であればターンオーバーとともに徐々に肌上部に押し上げられて最終的に垢となって体外に排出されるはずです。それが加齢やストレスなどが原因でターンオーバーが乱れて肌内部に残ったままになり、そのまま色素沈着したものがしみなのです。したがってしみ治療ではターンオーバーを強制して、肌内部で残ったままのメラニン色素を排出させます。ターンオーバーの強制というと聞こえがいいですが、要するに肌を剥がすわけです。

その手段がレーザーなのかクリームなのか、それぞれ違うだけです。肌を無理やり剥がすので、その後の肌ケアがかなり肝心になってきます。レーザーによってしみが焼かれることでその下のきれいな肌が顔を出します。ただ、この肌はまだ生まれたての赤ちゃん肌なので慎重に扱わないといけません。

具体的には医師のオーケーがでるまでは、絆創膏ははがさないこと。絆創膏が剥がれたとしても、紫外線や摩擦などの外部刺激には注意することです。これが守れないとしみ治療によってせっかく取れたしみが再発したり、一回り大きくなる可能性があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です