しみの予防としみ治療

しみやそばかすは、体質的に色白の方や日焼けをしても黒くならずに赤くなるタイプの方にできやすいと言われています。これは、メラニン色素が少ない為に紫外線に対抗する力が弱いのが原因です。もちろんそうでない方も、日頃日焼け止めなどのUV対策を怠り、強い紫外線を浴びる生活を続けていると、現時点では気にならなくても将来しみに悩まされる可能性は高いでしょう。肌の表面には出ていなくても、肌の奥に「隠れじみ」というものが潜んでいることもあります。

しみを予防するには何といっても紫外線対策が一番です。晴れの日だけではなく、曇りや雨の日も少なからず紫外線は出ています。外へ出る時は日焼け止めや日傘などを使用して、紫外線から肌を守るようにしましょう。体の内側からもしみを予防することは大切なので、ビタミンCやビタミンEなど、美白によいとされるものを積極的に摂るように心がけてみてください。

予防しても、しみができてしまうことはあります。しみは一度できてしまったら自力で完全に治すことはできません。しみを消滅させたい場合は皮膚科や美容皮膚科などでしみ治療を受けましょう。レーザーや、トレチノインとハイドロキノンの外服薬によるしみ治療を受けることができます。

しみは消えたからといってもう一生できないというわけではなく、再発することもあります。常にしみがない状態を保ちたい場合は肌の状態を見ながらしみ治療を受ける必要があります。しみができる前も、しみ治療が終わった後も日頃の紫外線対策とケアはしっかりとするようにしましょう。新宿でしみ治療のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です